HTTRの優れた安全性


 高温ガス炉は、高い原子炉の自己制御性を持ち、かつ原子炉圧力容器からの放熱で十分崩壊熱を除去できるという、安全上、優れた原子炉特性を持っています。
 HTTRで熱的に最も厳しい事故と考えられているものに減圧事故があります。この減圧事故時の原子炉スクラム後の挙動の解析結果を下図に示します。
 事故発生後、燃料の最高温度は、原子炉の自己制御性により初期温度を上回ることなく低下し安定します。また、異常時の温度変化は炉心熱容量が大きく、出力密度が低く緩慢であり運転員が余裕を持って異常状態に対処することが可能です。






前へ戻る ホームへ戻る